ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

年齢を重ねたらアラキドン酸不足にも配慮しよう!

年齢を重ねると物忘れが気になってきたという方は多いと思います。
早い方だと30歳を過ぎてから、物忘れや物覚えが悪くなったと感じるのではないでしょうか。

人間の脳細胞は20歳くらいまでは成長して、数も増えていきます。
しかし、20歳以降はそこを境に成長をやめてしまい、徐々に減っていくのです。
そのため、早い方だと30歳ぐらいから物忘れといった自覚症状が現れるのです。

脳細胞の減少する理由にアラキドン酸の減少が関わっています。
アラキドン酸は、脳の神経細胞を新生させる元になっているので、アラキドン酸が不足すると脳の働きにも影響を与えます。

そのほかにも、影響として考えられることに、アラキドン酸の摂取不足があります。
、30歳を過ぎたころから新陳代謝が落ちてきて、太りやすくなるため、食事の内容を変える方がいます。
肉類や魚、卵といったたんぱく質を控える傾向があり、たんぱく質の摂取量の減少からアラキドン酸不足を招いているのです。

他にも体をつくる機能としてたんぱく質は必要な栄養素なので、まったく摂らないのではなく、最低限、必要な量を摂取することを心がけましょう。

どうしても、肉類や魚、卵といった食品で、アラキドン酸を摂取するのが難しい場合は、アラキドン酸を含んだサプリメントがあります。
種類や用法も異なるのでいくつか確認して、自分にあったサプリメントを見つけることをおすすめします。

トップに戻る