ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

おなかの赤ちゃんにお必要なアラキドン酸

アラキドン酸が人の体の中でも、特に脳に多く存在し、脳の働きに影響を与えることが少しずつ解明されています。
この働きが、認知症に効果があることが最近注目を集めていますが、アラキドン酸が必要なのはお年寄りだけではありません。
おなかの中の赤ちゃんにも、有効で必要な物質なのです。
では、アラキドン酸はおなかの中の赤ちゃんにどのような影響を与えているのでしょうか。

必須脂肪酸の一つであるアラキドン酸は、子供が成長する過程で非常に重要な役割を果たしている物質です。
ドコサヘキサエン酸と一緒に摂取することで脳の発達に良い影響を与え、免疫力を向上させてくれます。
これらの働きはおなかの中の赤ちゃんでも例外ではありません。
おなかの中の赤ちゃんは母親の胎内にいる間、脳がつねに成長し続けています。
また、赤ちゃんが出産後に病気をすることなく成長するため、母親の胎内にいたときにどれだけの免疫をもらっているかが影響します。

これらのことを考えると、アラキドン酸はおなかの中の赤ちゃんに必要不可欠な物質と言っていいでしょう。
そのため、母親である妊婦さんは、自分の体調や体力だけでなく、おなかの中の赤ちゃんの成長に関わることを踏まえて、日々の食事に気を配る必要があります。
母親が摂取するアラキドン酸が不足すると、おなかの中の赤ちゃんにダイレクトに影響を与えます。
脳の発達はもちろん、体の発育にも影響を及ぼしかねないのです。

トップに戻る