ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

赤ちゃんにはアラキドン酸が必要

生後すぐの赤ちゃんは、母乳やミルクのみからしか栄養を摂取することができません。
離乳食が始まっても、主たる栄養源は母乳やミルクです。
特にこの時期に、人間の脳は、急成長をし、1歳になるころには、成人の70パーセントほどの脳と同じくらいまで成長することが分かっています。
脳の成長には、昔からDHAやEPAといった不飽和脂肪酸が重要であるといわれてきましたが、近年では同じようにアラキドン酸も重要であることがわかってきました。

DHAやEPAは脳細胞の成長を、促す働きをします。
そして、アラキドン酸は、記憶や学習、また論理的思考をするなどの情報処理能力の発達に密接な関係があることがわかったのです。

大人は、アラキドン酸が豊富に含まれている肉や魚などを、普段の食事から摂取することができます。
しかしながら、あかちゃんは肉や魚を口にすることはできません。
したがって母乳やミルクにアラキドン酸が含まれているかいないかは重要な問題です。
実は、母乳には、アラキドン酸は含有されており、母乳育児をしている人はそんなに心配が要らないかもしれません。
ところが、産後のママは、食事が十分に摂れず、栄養失調状態のことも多く母体の体内でアラキドン酸不足が起こっていることも少なくありません。
サプリメントなどで、きちんと補うようにしましょう。

また、ミルクにはアラキドン酸が配合されていないものも、多く出回っていますので、注意が必要です。
アラキドン酸が配合されているミルクを購入するようにしましょう。

トップに戻る