ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

ナッツやチーズにもアラキドン酸

アラキドン酸というと、肉や魚に多く含まれている成分と思うかもしれません。
栄養素が豊富だから、積極的に摂りたいとは思っていても、ダイエット中であったり食事制限されていたりすると、なかなか肉や魚は毎日食べることはできません。
また、食が細くなっていく高齢者の方もアラキドン酸が不足しがちになると思います。
そんな時は、手軽に摂れる食材でアラキドンサンを摂取してください。

例えばナッツです。
ナッツなら毎日少しずつ食べることができそうですよね。
ナッツに含まれるアラキドン酸は、炎症や痛みを起こしやすくなることもあるので、そんな症状を持っている方はぜひ、DHAやEPAなどが豊富な青魚を一緒に食べるようにしてください。
この二つを一緒に摂取しておけば、炎症や痛みがひどくならない心配だけでなくて、脳の健康にも効果があるので一石二鳥です。

そしてチーズも種類が豊富ですから、食べやすい食材といえます。
お腹の調子を整えてくれる乳酸菌も含まれていますし、高タンパクなことから高齢者の方には特に摂ってもらいたい食材です。
数あるチーズの中でも、ナチュラルチーズやクリームチーズに豊富に含まれているので、比較的食べやすいと思います。

ナッツもチーズも苦手という方は、サプリメントで補うことをオススメします。
ただし、現代人の食生活でアラキドン酸が不足することは考えにくいので、健康的な食生活をしている人は特に気にする必要はないかもしれません。

トップに戻る