ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

-摂る-使い方・飲み方ガイド

アラキドン酸の健康パワーをしっかりと役立てたいなら、摂り方についてしっかりと考えておくことが必要です。
このページでは、そんな摂り方について詳しく解説します!

こんな方は積極的に摂取しよう!

ずばり、下記の項目に当てはまる人にはアラキドン酸がお薦めです。

【生後1歳頃までの乳幼児】
アラキドン酸は、脳の成長を助ける栄養素です。
その為、生後1歳頃までの授乳期には、意識的にアラキドン酸を与えるようにしましょう。
不足すると脳の成長に遅れが生じてしまうこともあります。
母乳にはARAが含有されているので、母親がしっかりとARAを摂ることを意識しましょう。
(※粉ミルクにも十分な量のARAが含まれています。)

【中高齢の方】
年齢を重ねていくと、肉類を食べる頻度が減っていくケースが少なくありません。
肉類を避けることでカロリーを摂りすぎないようにできるのはメリットですが、同時に、アラキドン酸が摂れなくなってしまうのがデメリット。

ご存じの通り、アラキドン酸は脳の健康を守る栄養素です。
肉類を摂らなくなることでARAが不足し、それが物忘れや覚える力の低下につながる…という考え方もあります。
その為、年齢を重ねて肉類を食べる頻度が減ったら、サプリメントでアラキドン酸を補給するように意識しましょう。

【その他のケース】
ベジタリアンの方もアラキドン酸不足が心配されます。
サプリメントで補うようにすることをお薦めします。

また、食事制限などのダイエットによってARAが不足してしまうこともあります。
この場合も、カロリーが気にならないサプリメントでの摂取がお薦めです。

摂取目安量

アラキドン酸の一日あたりの摂取目安量は、大体240mg程度と考えられています。
この基準量をしっかりと意識して摂取することが大切!
この目安を基準に、不足や過剰を避けるようにしましょう。

豊富な食材は?

アラキドン酸は、サプリメントではなく、食材でも摂ることができます。

〇肉類
アラキドン酸は、肉類に豊富に含まれる不飽和脂肪酸です。
牛肉や鶏肉にも含有されていますが、特に豊富なのは豚肉です。
豚レバーは特に含有量が豊富です。

〇卵
鶏卵にも、魚卵にも豊富に含有されています。
魚卵であれば、イクラやタラコなどがARAを豊富に含む食材の代表例と言えるでしょう。

〇その他
ナッツやチーズなどにも、ARAが含有されています。
さらに、上記した通り、乳幼児にはARAが必要不可欠であるため、粉ミルクにも豊富に含まれています。

これらの食材が十分に摂れていない場合は、サプリメントを活用して摂取するようにしましょう。
サプリメントであれば、アラキドン酸に加えてDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などをはじめとする健康成分を摂れる製品もあります。

一番のお薦めサプリはこのページで紹介されています。
また、ドリンクタイプであれば、ユーグレナファームの緑汁もお薦めです。

注意点

アラキドン酸は、過剰摂取に気を付けるのが大切!
例えば、若い世代の方なら、多くの方が肉類を十分に摂ることができているはず。

そんな方がサプリメントを使用すると、過剰摂取になってしまう危険性があります。
その点に関しては、しっかりと注意しておきましょう。

トップに戻る