ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

アラキドン酸の過剰摂取

アラキドン酸は、脳の働きを活発にすることで知られており、乳幼児や高齢者に非常に有効な成分として注目を集めています。
アラキドン酸は、体内で生成されないために、食事やサプリメントなどから、外部から摂取する必要がありますが、最近では、意識するあまりに、過剰摂取になってしまうケースが続出しており、問題となっています。

実は、アラキドン酸は、普通の人ならば、普段の食事から十分補えているのです。
ところが、乳幼児や高齢者など、十分な量の食事がとれないといったような場合は、アラキドン酸不足をひき起こす場合があります。
そのような場合は、アラキドン酸を意識的に、摂る必要があるでしょう。
また、アラキドン酸は野菜からは摂取できませんので、ベジタリアンや、食物アレルギーのために、野菜からしか栄養が摂れないなどといったような特別な状況の人も、サプリメント等などを上手に利用して、アラキドン酸不足を補う必要があります。

しかしながら、普通の健康な人が、アラキドン酸を大量に摂取すると、アラキドン酸の過剰摂取となってしまい、アレルギー疾患をより、重篤なものにしてしまったり、また、気管支喘息を引き起こしてしまう原因となってしまう場合がありますので、注意が必要です。

脳の活性化に効果があるからとただ、やみくもに大量にアラキドン酸を摂取してしまうことは。
非常に危険です。
必要に応じてアラキドン酸をサプリメント等で補う場合でも、一日の摂取量を厳守することが重要なポイントとなります。

トップに戻る