ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

アラキドン酸、足りていますか?

皆さんはアラキドン酸という言葉を聞いたことがありますか?またアラキドン酸が不足するとどのような影響があるかご存知でしょうか。

アラキドン酸とは不飽和脂肪酸の一種で、物忘れの改善や、脳の発達に効果があるといわれています。
アラキドン酸は、肉や魚、卵といった動物性の食品に多く含まれており、日ごろからバランスの良い食事を心がけていれば、まずアラキドン酸不足の状態になることはありません。
しかし、過激な減量や、動物性の食品を口にしない食生活は、アラキドン酸不足を招きます。

アラキドン酸が不足すると幼児の場合、成長の遅れが見られます。
これは言葉の発達や、情緒の発達といった脳の成長に遅れがみられます。
乳児から幼児にかけては、脳が発達する大切な時期です。
まだ食事ができない赤ちゃんの場合、アラキドン酸配合の粉ミルクを選んであげると良いでしょう。
母乳で育っている乳児は、母乳からアラキドン酸を摂取できます。
授乳中のお母さんはバランスの良い食事を心がけ、赤ちゃんに栄養を送ってあげましょう。

他にも大人、子供どちらにも共通する症状で、免疫の低下があります。
免疫が低下すると風邪やウイルスに感染しやすくなるので、アラキドン酸不足には気を付けたいものです。

アラキドン酸の摂取は大切なのは理解していても、動物性の食品が苦手、カロリーが気になるという方もいることでしょう。
食事からの摂取が難しい場合は、サプリメントから摂取するという方法もあります。

トップに戻る