ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

ベジタリアンはアラキドン酸不足に注意

肉や魚、卵などを食べないベジタリアンの方は、アラキドン酸不足に注意をしなければいけません。
アラキドン酸は体内で生み出すことができない必須脂肪酸の1つで、毎日の食事やサプリメントから摂る必要があります。
アラキドン酸は、肉や魚、卵黄などに多く含まれているため、それらの食品を食べないベジタリアンの方はアラキドン酸不足になりがちです。

アラキドン酸不足に陥りやすいのは、乳幼児と高齢者であるといわれています。
アラキドン酸が不足することによって、乳幼児の場合は成長の遅れが懸念されます。
特に脳の成長に影響を及ぼすことが分かっており、脳神経が発達しにくくなるため異常な行動を起こしやすくなります。
また、免疫機能が低下してしまうため、風邪をひきやすくなったり、血圧を安定させる力が弱くなります。
高血圧の症状が出ている高齢者の方は、アラキドン酸が影響している可能性も考えられます。

では、ベジタリアンの方は、どのようにしてアラキドン酸を摂取すれば良いのでしょうか。
あまり知られてはいませんが、アラキドン酸は海藻類にも含まれています。
よって、ベジタリアンの方は海藻を中心としてアラキドン酸を摂取するとよいでしょう。
アラキドン酸はカットワカメ5グラムに12ミリグラム程度含有されています。

ただ、海藻だけでは1日の摂取目安量である240ミリグラムを摂取するにはほど遠いため、サプリメントなどを上手に使って補うと良いでしょう。

トップに戻る