ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

卵に含まれるアラキドン酸

アラキドン酸は肉や魚に多く含まれていることで有名な物質です。
私たちの体を構成する上でアラキドン酸は大切な成分ですから、足りなくなってしまうことがないよう、摂取しなくてはいけません。
肉や魚といった食品は、普段私たちが食べている料理の中に自然に含まれてくるものですから、極端に足りなくなることは考えにくいです。

しかし、肉や魚といった油が入ったものを体が受け付けないというお年寄りの方、ダイエット中の女性の方は不足する傾向にあります。
では肉や魚以外に簡単に摂取できる食品には何があるのでしょうか。

それは、卵です。
卵の中にはアラキドン酸が含まれており、特に鶏卵には多いです。
生卵の中には約86ミリグラムのアラキドン酸が入っています。
効率よく摂取するためには卵は適しているといえるでしょう。
肉や魚が苦手だったとしても、毎朝卵を食べるようにする等、工夫すれば食べやすいかもしれません。

どういった卵の食べ方が良いかというと、茹でてしまうと卵の中のアラキドン酸は80ミリグラムほどになってしまいます。
煮たり焼いたりすることでも減ってしまいますので、もしできるのならば生卵の状態で摂取する方がアラキドン酸は多くなります。

また、卵は万能な食材であり、摂取することで副腎皮質に働きかけ、アドレナリンを分泌させてくれるため、活力や集中力もアップさせてくれます。
また、不眠症や鬱、不安感を妨げてくれる効果もありますので、積極的に摂取するようにしましょう。

トップに戻る