ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

アラキドン酸が入った粉ミルクで赤ちゃんを賢く育てよう

赤ちゃんの成長に欠かすことができない粉ミルク。
どのような種類のものを選んでいますか?赤ちゃんを賢く育てたいと思うのであれば、アラキドン酸配合の粉ミルクをおすすめします。

米国では、アラキドン酸が入っている粉ミルクが主流となっており、アラキドン酸によって赤ちゃんの精神的な発達が促されるという報告がされています。
これは、臨床栄養学の専門家であるスーザン・カールソ博士によって研究されています。

なぜ、アラキドン酸が赤ちゃんの脳の発達を促すのかというと、それは神経細胞の情報伝達力を決める細胞膜を柔軟にしてくれるからです。
細胞膜が柔軟であればあるほど、脳の働きが活発となり、記憶をする力を高めることができるのです。
アラキドン酸配合の粉ミルクを飲んだ赤ちゃんは、記憶力や単純な問題解決能力がアップすることが分かっています。
さらに、言語能力などの精神発達レベルも高くなるようです。

また、コミュニケーション障害がある方に、アラキドン酸を服用してもらうことで改善効果があったということが、芦屋大発達障害教育研究所と、東京農工大大学院生物工学科のチームによって発表されました。
アラキドン酸が神経細胞を活性化させることによって、脳の働きが活発になり、コミュニケーション障害が改善されるというものです。

脳の発達を促し、コミュニケーション障害の改善が期待できるアラキドン酸。
世界保健機関も、アラキドン酸配合の粉ミルクを推奨しています。
アラキドン酸が配合されているからといって、粉ミルクの価格が高くなる訳ではないため、粉ミルクを購入する時にはアラキドン酸配合のものを選んでみてください。

トップに戻る