ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

アラキドン酸が体内に生かせるメリットは?

脳の働きに有効である成分としてアラキドン酸が注目されています。
脳の発達や機能の向上、脳の中での情報伝達など重要な働きをしてくれます。
必須不飽和脂肪酸であるアラキドン酸は体内で生成されないため食事から摂取しなければなりません。
また40歳ころからは体内での分泌量が減少するため積極的に摂りいれたい成分でもあります。

脳の発達に必要不可欠なアラキドン酸は、お母さんのお腹にいる胎児や乳幼児にとって重要な栄養素といえます。
特に胎児のうちから積極的にアラキドン酸を摂ることで発達障害や自閉症などを防ぐ効果があるといわれています。

体内での分泌量が減少する中高年からは、物忘れや認知症、アルツハイマー病などの予防効果が期待できます。
さらに脳の老化を抑制するアンチエイジング効果も期待できるため、脳の若々しさを保つためにも摂り続けたい成分です。

また胃酸の過剰な分泌を抑える働きがあるため胃酸過多の症状の緩和、血圧を正常に整える、悪玉コレステロールの減少、アレルギー症状の予防効果などもあります。
アラキドン酸は肉類や卵などに多く含まれているため通常の食生活で必要量を摂取することができるといわれています。
そのため肉や油に偏った食事をしていると過剰摂取となり、逆にアレルギー症状の悪化や動脈硬化などを招いてしまうため摂り過ぎには注意が必要です。

トップに戻る