ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

頭脳明晰!健康維持にアラキドン酸

アラキドン酸は、γ-リノレン酸とともにビタミンFと呼ばれる、必須脂肪酸のひとつです。
乳幼児にとって脳や体の発達する時期に欠かせない成分です。

最近物忘れが増えたと感じる方、まだまだ記憶力を向上させたいという方は、アラキドン酸の効果を試す価値がありそうです。
また、アラキドン酸は生体調節ホルモンの成分になり、血圧の調整で高血圧を予防し、コレステロール値を下げる効果もあるとされます。

アラキドン酸を多く含む食品としては、豚・牛・鶏などの肉や肝臓、鶏卵、鶏のささ身など、この他干しひじき、伊勢エビ、わかめなどにも含まれています。
また、リノール酸を多く含む食品を食べると、体内でも合成されます。

リノール酸は、体内で合成することのできない必須脂肪酸のひとつで、紅花油、ひまわり油、くるみ、マーガリンなどに含まれています。
リノール酸の摂取量が多くなるとアラキドン酸の合成が過剰になることもあります。
日本人の食生活が西洋化し、肉類やリノール酸の取得量が増え、アラキドン酸の摂取量がこの50年で4倍になったといわれ、がん(肺がん、大腸がん、乳がん、前立腺がん、皮膚がんなどの欧米型がん)、動脈硬化、高血圧、慢性の炎症、アレルギー性湿疹、アトピー性皮膚炎などの要因となっているとの報告もあります。

健康維持のためのアラキドン酸の摂取が逆効果となることがないように、過剰摂取に気を付け、食生活を見直すことが必要です。

トップに戻る