ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

現代人は、アラキドン酸不足?

認知症の進行を遅らせることができる、認知症の予防に効果があると注目を集めているのは、アラキドン酸です。
認知症を発症する人は、長寿が進む日本において、増加傾向にあります。
特に日本においては、介護をする世代である若年層の人口が、劇的に減少しており、介護問題などを含め社会問題となっています。
その救世主となるべく注目を集めているアラキドン酸ですが、現代人は不足がちの傾向にあります。

アラキドン酸は、脳の働きを活性化するという重要な役割をしていますが、残念ながら、私たちの体内で十分な量を生成できないという難点があります。
したがって、普段の食事などから、積極的に摂取をしない限り、どうしても不足がちになってしまうのです。

アラキドン酸は、牛乳、肉、魚などに含まれています。
ところが、年齢を重ねてくると、食が細くなり、また消化器官も弱ってきますので、肉や魚の摂取はぐんと減少してしまいがちです。
また、若い世代の牛乳離れも進んでおり、若い世代の人でもアラキドン酸不足に陥っている場合もあるのが現状です。
また、コレステロール値が上がってしまうのを避けるために、摂取量を制限している人も多くいます。

そのような方におすすめなのが、アラキドン酸のサプリメントです。
サプリメントであれば、アラキドン酸のみを摂取することが可能であるからです。
また、普段の食事を見直すことなく、気軽に取り入れることができ、非常に手軽ですよ。

トップに戻る