ARA Research Web
アラキドン酸の使い方や選び方をガイド!
上手に活用して、いつまでも聡明な毎日を!

ドコサヘキサエン酸との関係

ドコサヘキサエン酸は頭がよくなる成分として注目されています。
ドコサヘキサエン酸というよりもDHAの方が聞きなれているのではないでしょうか。
脳を活性化する働きがあり、記憶力や集中力が向上し学力アップが期待できることでも注目されています。
また脳の神経細胞を活性化させる働きで痴呆症やアルツハイマーに効果があるといわれています。
さらにドコサヘキサエン酸には中性脂肪を減らして血液の流れをよくする効果もあり、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に摂りいれている人も多いのではないでしょうか。

同じように最近では脳を若返らせる成分としてアラキドン酸が注目されています。
アラキドン酸とドコサヘキサエン酸は同じ不飽和脂肪酸ですが、ドコサヘキサエン酸とは違いアラキドン酸は肉類などの動物脂肪に多く含まれています。

アラキドン酸を過剰摂取すると動脈硬化やアレルギーによる炎症、喘息などを引き起こす原因となる可能性があります。
ドコサヘキサエン酸にはアラキドン酸によるアレルギーの炎症や喘息を抑える働きがあります。
また悪玉コレステロールを減らして血液の流れをよくする働きがあるため一緒に摂ることで欠点をカバーすることができるのです。

トップに戻る