ケース

アラキドン酸を減らした方がよいケースとは

アラキドン酸は脳の発達や記憶力の向上など脳機能に効果があるため注目されている成分です。
また認知症やアルツハイマー病の予防効果もあるため、子供から高齢者まで積極的に摂りたい成分です。
どのような成分でも同じですが、体によい効果があるからといっても必要以上に摂ることは逆効果につながります。

アラキドン酸は必須不飽和脂肪酸のため食事から摂りいれなければなりません。
しかしアラキドン酸が多く含まれる食材は肉類や卵などコレステロールが高いものが多く、特に食生活が肉類に偏っている人は動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす可能性があります。
アラキドン酸カスケードによって分泌されるプロスタグランジンやトロンボキサンは痛みやかゆみ、湿疹を引き起こすためアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を悪化させてしまいます。

食用油などに含まれるリノール酸は体内でアラキドン酸を促進する働きがあります。
家庭で使われるコーン油やベニバナ油などの植物油、植物性マーガリンやマヨネーズ、スナック菓子などにはリノール酸が含まれています。
食用油をオリーブオイルに替えるなどの工夫でアレルギー症状の軽減に効果が期待できます。
普通の食生活では過剰摂取は考えにくいため体によい働きをしてくれますが、気になる場合は魚を摂りいれるなどバランスのよい食生活を心掛けるとよいでしょう。
他には、アラキドン酸サプリなどで摂取するのも、手軽なのでおすすめです。